0FOLLOWERS 0GAMES
   Send PM Follow

Information

  • Gender: Male
  • Birthday:November 30,1999
  • Location:

followers(0)

There's no followers.

Visitors

There's no visitor.
Visit today: 0
Visit total:
Pageviews: 0
その姿を見た者達の間で、「悪鬼のように槍を振り回している男がいる。」と城下町で噂になり、知名度の低かった突狼の槍は、今や、隼人君の槍として名が町に伝わっていた。そんな隼人の横K11 MUSEA、少年竹千代も槍を振っていた。最近、二人のまわりでは、明るい知らせが多い。小さな事では、竹千代が平手政秀から、その聡明さを褒められた事。大きな事では、なんといっても信長が結婚した事であった。お相手は、美濃のマムシこと、斉藤道三の娘、濃姫である。その婚儀の折には、隼人も散々信長一味に連日二日酔いにされ辟易したが、最近ようやく落ち着いてきた。「隼人ー!!隼人ー!!!」(また、今日も、煩い連中が来たか。あいつらもよっぽど暇だな。)と、隼人が、槍を振る手を休めると、平手邸の入り口の方から勝三郎が赤い顔を出した。「隼人ー!岡崎の若も、おはようございます!!」勝三郎はペコリと頭を下げると、「若が、新年の祝賀の会を開くそうだ。今日は那古屋で宴会じゃぞ!」この男は既に軽く飲んできたのであろう。
Tags:

Bookmark and share to your friends

Related articles

Comment (0) Like it (  0  )
Loading...
Name:
Attach: Emotion Photo Video